前へ
次へ

ペット葬儀の意味について

日本の人口以上にペットが居ると言われていて、まさに家族以上の存在になってきています。
東日本大震災でも分かったように、困難な時にこそペットの存在が生きる力をくれます。
しかし、私たち人間と同じでペナルティにも寿命があります。
避けては通れないのが死で、悲しい別れが待っているのは事実です。
かつては自宅の庭に埋めることが当たり前でしたが、それを大きく変えてくれたのがペット葬儀の存在です。
人間と同じで同じように火葬をして、骨を拾ってあげることで成仏が可能になります。
そうすることで、飼い主が納得出来るのではないでしょうか。
気になるのがペット葬儀の値段ですが、動物の種類や大きさによって異なります。
大型犬の場合は高くなりますし、ハムスター等の小動物であればやすくなります。
読経も行ってくれますし、一周忌法要も希望があれば行うことが出来ます。
ペット葬儀の市場は年々大きくなっていて、新規の参入も増えています。
家族同然に扱うことが、人間の価値を高めてくれます。

Page Top