前へ
次へ

ペット葬後の納骨堂や墓地は確認しよう

家族として共に過ごしてきたペットも、いつかは寿命は全うして亡くなってしまいます。
特に人よりも短い寿命の動物は多いので、最後を飼い主が看取ることは多いです。
その際にペット葬を行う家庭は増えています。
悲しい気持ちを切り替えるという意味や、最後までしっかりお別れをしたいと希望する考えを多くの家庭がもつようになってきたといえます。
では実際にペット葬をするために業者を選びますが、その際に葬儀後のことも考慮して納骨堂や墓地の有無を確認しておくとよいです。
葬儀後にそのまま自宅にお骨を持ち帰る家庭もいますが、しっかり供養したいという点で納骨堂に収めたり墓地に埋葬したりと様々なパターンがあります。
ただし業者によっては納骨堂や墓地の有無は違いがあり、まったくない場所もあれば全て完備されているなど様々です。
葬儀だけでなくその後の供養も踏まえて考えているのであれば、やはりしっかり業者に確認を入れたうえで利用をどうするか決めておくのがポイントといえます。

Page Top