前へ
次へ

悔やまぬペット葬儀にしよう

生き続けることができないからこそ、最期は悔いが残らないようにしっかりお世話をしたい、そうした飼い主や家族、子どもたちの声があります。
だからこそ、供養としたペット葬が注目されているのです。
特に自然豊かな地域では、樹木葬が執り行われています。
四季折々の草花、木々の息吹を感じながら供養ができる埋葬方法です。
ペット葬を執り行う業者は、今、移動車による火葬のみというカタチが多いようです。
しかし、ペット霊園などでは基本使用料などを支払うことにより、毎日お線香を焚いてくれたり、お墓の掃除、草むしりなどの管理まで担ってくれます。
ペットの供養も葬儀同様に大事です。
お墓参りにいつでも行けるアクセスのいいペット霊園を選びましょう。
移動火葬車も同様、個別火葬を執り行います。
複数のペットを一緒に火葬するような合同火葬ならば、費用も抑えられるでしょうが、骨を拾うことなどができないケース、遺骨も還ってこないケースもあります。
飼い主の希望が、骨を拾う(骨壷に納める)ことであれば、事前にしっかり確認を取っておきましょう。
火葬は一度切り、悔いが残ってももう一度できることではありません。
火葬も完全予約制であれば、ペットとの最期の別れの時間もゆっくりできるでしょう。

Page Top